介護付有料老人ホーム(介護付きホーム)とは?特徴や費用について紹介

介護付有料老人ホーム(介護付きホーム)の特徴や受けられるサービス、費用などについて解説します。快適な住まいを見つけるために、入居をお考えの方やご家族はもちろん、そうでない方も事前準備として、概要を把握しておきましょう。

1.介護付有料老人ホーム(介護付きホーム)とは

介護付有料老人ホーム(介護付きホーム)は、有料老人ホームに分類されます。有料老人ホームについて、詳しくはこちらをご覧ください。

介護付有料老人ホーム(介護付きホーム)は、ホームへの入居と介護サービスの利用がセットになった、介護サービスの利用を前提とした方向けのホームです。

介護付有料老人ホーム(介護付きホーム)

介護付有料老人ホーム(介護付きホーム)の設備

介護付有料老人ホーム(介護付きホーム)には、以下のような設備が備えられています。

居室の設備

ご利用者が寝泊まりをする居室は原則として個室で、介護が必要な方が使用する介護居室と、入居時に介護を必要としない方が使用する一般居室があります。ご利用者1人当たりの床面積は13㎡以上とされており、プライバシーの保護に配慮された、介護を行える適当な広さを有している必要があります。
介護居室・一般居室以外に、一時的な介護サービスを提供するための居室として一時介護室が設けられている場合もあります(一般居室または介護居室で一時的な介護サービスを提供することが可能な場合は、設置されていないこともあります)。

共用空間の設備

浴室やトイレをはじめホーム全体が、身体が不自由な方の利用を前提としており、手すりの設置や緊急用設備の設置、廊下幅の確保など安全な生活が送れるように設計されていることが特徴です。
ホームで提供されるサービスにより、食堂、医務室または健康管理室、アクティビティ設備等も設けられています。ご利用者の健康維持を第一とするため、ほとんどのホームには食堂が設置されています。

介護付有料老人ホーム(介護付きホーム)で受けられるサービス

介護付有料老人ホーム(介護付きホーム)は介護スタッフが常駐しているため、24時間介護サービスを受けることができます。

ホームそれぞれのハード面の違いやご利用者の要介護度、ケアプランによって提供されるサービスは異なります。共通するものとしては、食事や入浴・排泄などの介護サービス、居室の清掃や洗濯などの生活支援サービス、看護スタッフなどによる健康管理があります。その他には、緊急時の対応や専門スタッフによる機能訓練(リハビリ)、アクティビティやイベントなどがある場合があります。

介護付有料老人ホーム(介護付きホーム)へ入居するには

介護付有料老人ホーム(介護付きホーム)への入居は、原則として60歳以上、または65歳以上の要支援1~要介護5の要介護認定を受けた方が基本となります。

ただしホームの中には、入居できる方を要介護1以上の方に限定しているところもあります。この方針を採用しているホームは「介護専用型」と呼ばれ、そうでないホームは「混合型」と呼ばれています。SOMPOケアの介護付有料老人ホーム(介護付きホーム)はほとんどが混合型で、要支援1~要介護5の方が入居することができます。

ホームごとに入居条件が異なる場合がありますので、入居を検討する際は、条件を確認しましょう。詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

関連記事

お問い合わせ

お電話から
受付時間 9:00 〜18:00(年末年始を除く)