高齢者向け住まい(老人ホーム等)の費用相場と内訳

老人ホームや介護施設など、高齢者向け住まいの利用を検討する際に気がかりなことは、立地やサービスなどに加えて「どのくらい費用がかかるのか」ではないでしょうか。ここでは、住まいの種類別に、入居費用や入居後にかかる費用の相場、その内訳を紹介します。

1. 高齢者向け住まい(老人ホーム等)の種類別費用相場

高齢者向け住まいの費用は、運営者や提供されるサービスの種類、立地等によって異なります。

※記載されている費用は、あくまで一般的な平均の費用です。
※初期費用:敷金、保証金、入居一時金、前払金 など
 月額費用:家賃相当額、共用部家賃相当額、管理費、食費 など

介護保険施設

種類 初期費用 月額費用 特徴
介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム/特養)
不要 10~15万円 介護保険が適用され、比較的安価に介護を受けながら暮らせる。
介護老人保険施設
(老健)
不要 10~15万円 介護保険が適用され、在宅復帰のためのリハビリが充実しているのが特徴で、比較的安価にサービスを受けられる。
介護療養型医療施設 不要 10~20万円 介護保険が適用され、病気やケガの治療後、症状が安定した方が療養でき、高度な医療的ケアもサービスに含まれながらも比較的安価。
介護医療院 不要 5~25万円 介護保険が適用され、日常生活の質にも配慮した「介護」と、高度な「医療的ケア」を受けられるため特養と比べると割高なことも。

有料老人ホーム

種類 初期費用 月額費用 特徴
介護付有料老人ホーム
(介護付きホーム)
0~数千万円 10~50万円 費用は立地や設備、サービス内容によって異なる。また、月額費用は介護度やその他条件によって異なる。
住宅型有料老人ホーム 0~数千万円 10~30万円 費用は立地や設備、サービス内容によって異なる。介護サービスは必要に応じて別途契約。
健康型有料老人ホーム 0~数千万円 10~40万円 費用は立地や設備、サービス内容によって異なる。自立した高齢者のためのレクリエーションなどのサービスが充実していて割高になることも。

その他

種類 初期費用 月額費用 特徴
サービス付き高齢者向け住宅
(一般型)
敷金/礼金等数十万~数百万円 10~25万円 通常の賃貸住宅に近く、初期費用で敷金/礼金など、月額費用で家賃、管理費を負担。介護サービスは必要に応じて別途契約。
サービス付き高齢者向け住宅
(介護型)
敷金/礼金等数十万~数百万円 15~40万円 初期費用で入居一時金、月額費用で家賃、管理費を負担するほか、食事提供や介護もサービスに含まれるためその費用がかかる。
グループホーム 0~数百万円 10~30万円 認知症の方がスタッフのサポートを受けながら少人数で共同生活を送る施設で、老人ホームなどに比べると安価な傾向がある。
軽費老人ホーム 保証金
(数十万円)
3~17万円 低所得でも入所できるというコンセプトの施設ため低価格の傾向。食事や生活支援サービスがついている。介護サービスは別途契約。
ケアハウス
(一般型)
0~30万円 6~20万円 軽費老人ホームの一つであるケアハウスは、食事や生活支援サービスがついている。介護を受ける場合は介護サービスの利用料が追加。
ケアハウス
(介護型)
0~数百万円 6~20万円 一般型にプラスして介護を行う「介護型」は、要介護度によって介護サービス費の利用料が決まっていて、毎月固定で負担する。

関連記事