認知症ケア

専門機関と連携し
認知症ケアのパイオニアに

認知症予防への挑戦と、発症してもその方らしく暮らし続けられるように。SOMPOホールディングスおよび国立研究開発法人国立長寿医療研究センターと共に、認知症ケアの充実をはじめ、高齢者の健康増進に関するさまざまな研究を推進。ご本人の声はもとより、ご家族や介護業界で働く人の声に耳を傾け、一歩一歩進んでいます。

ICTの導入と活用で
個別性の高いケアを

記録システムの導入を進め、全スタッフが情報を共有して適時適切な介護につなげているほか、睡眠センサー、排泄センサーを導入し、個別性の高いケアを実施。処方薬の検討や生活リズムの改善などによって症状の軽減が図られるなど、一定の成果につながっています。

認知症ケアの第一人者と連携し
スタッフの専門性を向上

認知症ケアの第一人者、本間昭氏(※1)をはじめ、さまざまな専門家と連携。各現場で定期的に「事例検討会」を開催し、意見交換を通してアドバイスを受けることで、スタッフは知見と技術を磨いています。

  • 本間昭(ほんま・あきら)氏
    日本認知症ケア学会 前理事長/お多福もの忘れクリニック管理医師

お問い合わせは
介護なんでも相談室へ
受付時間 9:00〜18:00(年末年始を除く)