産学連携

日本の介護をよくするために
教育・研究機関と連携

超高齢社会におけるさまざまな課題を解決することを目的に、各大学機関や専門機関と連携しています。専門性の高い研究ノウハウとの融合により、現場の課題解決と介護事業の発展を目指し、産業と社会の発展に貢献していきます。

主な取り組み

「国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター」と、健康長寿社会の実現へ貢献することを目的とした包括連携協定を締結。認知症をはじめとした高齢者の健康増進に関するさまざまな研究等を行っています。

「国立大学法人 東京大学」(医学部付属病院)と連携し、腰痛予防・治療による介護職員の健康増進に注力。内部職員向けに講習等を行うほか、外部イベントでも講習会を開催するなど、広く社会的な啓発にも努めています。

「国立大学法人 東京藝術大学」と連携し、多様性あるアートの価値観を社会に活かし、多様な人々が共生できる社会環境づくりに向けて、「アート×福祉」の視点から、その担い手を育成する「Diversity on the Arts Project」(愛称:DOOR)を実施しています。

お問い合わせは
介護なんでも相談室へ
受付時間 9:00〜18:00(年末年始を除く)