ICT・デジタルの活用

介護記録はタブレット端末
スムーズな共有で時間を創出

介護現場での記録にタブレット端末の導入を進め、業務の効率化を実現。正確で迅速な情報共有が可能になっているほか、スタッフの負担が軽減することで、ご入居者さまと向き合う時間が増えています。

各種センサーを導入し
自立支援を促進

ホームでは、排尿センサーなど、ケアの個別性を高めるセンサー類を積極的に導入し、個別性の高いケアにつなげています。また浴室や居室には、異常を感知する見守りセンサーの設置も推進。事故の防止とプライバシー確保の両立に努めています。

介護現場の知見と
最新鋭の技術開発をつなぐ

先進性に優れたITベンチャー企業を支援するビジネスコンテストの開催を支援し、世界規模で開発が進むシニア向け先端技術の導入をいち早く検討。また、最新鋭のデジタル技術を開発するSOMPOデジタルラボ(東京・シリコンバレー・イスラエル)と協力し、高齢者の暮らしを豊かにするテクノロジーの開発に尽力しています。

お問い合わせは
介護なんでも相談室へ
受付時間 9:00〜18:00(年末年始を除く)