住宅型有料老人ホームとは?特徴や費用について紹介

高齢者向け住まいを選ぶ際の重要なポイントとして、ご入居される方の健康状態に合ったホームであること、日々の生活へのニーズを満たせること、そして将来的にも安心して暮らせることが挙げられます。

この記事では、住宅型有料老人ホームの特徴や注意点についてご紹介します。

1.住宅型有料老人ホームとは

住宅型有料老人ホームは、有料老人ホームに分類されます。有料老人ホームについて、詳しくはこちらをご覧ください。

住宅型有料老人ホームは、原則として介護サービスを提供していませんが、介護が必要となった場合は外部の介護サービスを別途契約して利用できます。そのため、ニーズに合わせて介護サービスを自由に組み合わせながら暮らしていけることが特徴です。

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームの設備

住宅型有料老人ホームの設備は、事業者の方針により異なります。ここでは、一般的に備えられている設備を紹介します。

居室の設備

居室(18㎡以上)には、浴室・洗面設備・トイレなど、生活に必要な設備が備えられています。またこれらを居室に設置しない場合、すべての利用者が十分に利用できるような数を建物内に設けることとされています(※)。

共用空間の設備

事業者のサービスに応じ、食堂、医務室または健康管理室、リハビリ室、カラオケ等のアクティビティルームなどを設けることとされています(※)。

SOMPOケア ラヴィーレ岸和田の場合、基本設備に加えて居室への家具持ち込みが可能、また緊急呼出装置を設置し快適さと安全性を提供しています。また共有空間には、採光に配慮した明るいダイニング、ゆったりつかれる大浴場、ヘアカットやカラーができる理美容コーナー等を提供しています。

住宅型有料老人ホームで受けられるサービス

住宅型有料老人ホームは、「食事の提供」「洗濯や掃除などの家事」「健康管理」といったサービスを提供しています。

介護サービスは、必要に応じて別途契約可能です。自立した状態で入居し、要介護度の変化に応じて介護サービスを追加します。その時々の健康状態や要望にあわせてサービスを上手く組み合わせて使うことで、長く快適に暮らすことができます。

また、健康で自立している方やあまり介護を必要としない方も多く入居しているため、健康型有料老人ホームなどと同様、アクティビティのプログラムが豊富に組まれている場合もあります。こうしたアクティビティやイベントに参加することで、ご利用者同士で交流することができ、日々の生活にハリを持たせることもできます。心身の機能を衰えさせないためにも効果的だといえるでしょう。

住宅型有料老人ホームへ入居するには

住宅型有料老人ホームに入居する際の条件としては、年齢(60歳以上または65歳以上)や健康状態がホームに適合しているかなどがあります。入居にあたって、要介護などの認定を受けている必要はありません。住宅型有料老人ホームは、自立の状態から入居が可能です。

ホームごとに入居条件が異なりますので、入居を検討する際は条件を確認しましょう。詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

関連記事

お問い合わせ

お電話から
受付時間 9:00 〜18:00(年末年始を除く)