在宅介護サービスとは?サービスの種類について紹介

介護サービスが必要になったけれどもご自宅での生活を続けたい、とお考えの方が利用できる介護保険サービスに「在宅介護サービス」があります。

在宅介護サービスにはどのようなものがあるのでしょうか。その種類について詳しく見ていきましょう。

1.在宅介護サービスとは

在宅介護サービスとは、ご自宅で生活している高齢者が、可能な限り自立した生活を送るために利用する介護保険サービスのことです。利用できるのは、要支援もしくは要介護の認定を受けた、ご自宅で生活をされている方です。

在宅介護サービスには、ご自宅にいながら介護を受けられる訪問サービスの他に、病院や施設などに通う通所サービスがあります。また、どちらのサービスも受けられる複合型サービスや、福祉用具のレンタルや購入も在宅介護サービスの一つです。

2.在宅介護サービスを紹介

在宅介護サービスには、ケアプランの作成や関係機関との連絡調整を行うサービス、ご自宅で受けられる介護サービス、通所することで受けられるサービス、ご自宅・通所どらちでも受けられるサービスがあります。

ケアプランの作成や関係機関との連絡調整を行う「居宅介護支援」

居宅介護支援は、ケアマネジャーがケアプランの作成や見直しを行うサービスです。介護保険を利用するためにはケアプランが必要となるため、在宅介護を行う要ともいえるでしょう。

居宅介護支援では、ケアマネジャーが利用者や家族の希望を考慮したうえで、最適なケアプランを作成します。ケアプランが作成された後も、ご利用者の心身の状況、身の回りの環境などを考慮しながら継続的に見直しを行い、在宅生活が継続できるように支援していきます。

また、介護保険を利用するための手続きの代行や、介護サービス全般における相談も、ケアマネジャーの役割の一つです。

ご自宅で受けられる介護サービス

ご自宅で受けられる介護サービスには、次の種類があります。

  • 訪問介護
  • 訪問看護
  • 訪問入浴介護
  • 夜間対応型訪問介護
  • 定期巡回・随時対応型訪問介護看護
  • 居宅療養管理指導
  • 訪問リハビリテーション

ご自宅で介護を受けられる訪問介護

訪問介護は、資格を持ったケアスタッフがご自宅に訪問し、身体に直接触れて介助を行う「身体介護」や家事などの「生活支援」を行います。具体的には、食事や入浴の介助、洗濯、掃除などです。また、介護タクシーが行っている通院のための乗車または降車のための介助である「通院等乗降介助」も訪問介護の一つです。

身体介護では、排泄や入浴、着替え等の介助や見守りを行います。通院や生活上必要な外出の付き添い等も身体介護の対象となります。

生活支援では、掃除や洗濯、普段の食事の調理などを行います。ゴミ出しや日用品の買い物も生活支援として提供できます。

なお、訪問介護はあくまで、ご利用者が日常生活を送れるようにするための支援です。ご利用者以外の家族に対する食事の用意やペットの世話、庭木の水やりなどは行うことができません。

看護スタッフが療養生活をサポートする訪問看護

訪問看護は、看護スタッフが持病のある人や障がいを持った方のご自宅に訪問し、主治医の指示による療養上のケアや診療の補助を行うことをいいます。血圧や体温などの測定だけでなく、在宅酸素やカテーテル等の管理や褥瘡(じょくそう=床ずれ)の処置、痰の吸引なども行います。

訪問看護を提供するのは、病院・診療所と訪問看護ステーションなどです。病院や診療所の訪問看護では、看護スタッフのみが業務にあたります。一方、訪問看護ステーションには看護スタッフだけでなく、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士も在籍しているため、訪問看護の一環としてリハビリテーションの提供も可能です。

専用の浴槽で入浴できる訪問入浴介護

訪問入浴介護は、ご利用者のご自宅に訪問し、持参した浴槽を利用して入浴してもらうサービスです。心身の状況や感染症、浴室等の環境によりご自宅での入浴が難しい方が利用できます。

訪問入浴介護では、看護スタッフ1名とケアスタッフ2名の計3名でのサービス提供が基本です。入浴前後には看護スタッフによる体調チェックを行うので、安心して入浴できます。

夜間に訪問してもらえる夜間対応型訪問介護

夜間対応型訪問介護は、18時から翌8時までの間に訪問してもらえる介護サービスです。
ケアプランに基づいて、定期的に30分程度の訪問介護を受けることができます。また、貸し出されたケアコール端末(緊急コールボタンなど)を使えば、ベッドから転落してしまったり体調が悪くなってしまったときなど、いざという時に駆けつけてもらえます。状況によっては、救急車を手配してもらうことも可能です。

医療ニーズが高くても24時間安心の定期巡回・随時対応型訪問介護看護

定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、医療ニーズが高く1日複数回の介助を要する人向けの介護保険サービスです。

ご利用者の心身状態に合わせて、24時間365日必要なサービスを受けられます。ケアスタッフだけでなく看護スタッフ等の医療スタッフとも連携しているため、介護サービスと看護サービスを一体的に受けることが可能です。

医師や薬剤師が訪問してくれる居宅療養管理指導

通院が難しいご利用者に対し、医師や薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士などが訪問し、療養上の指導や栄養管理、アドバイスなどをする介護保険サービスです。

具体的には、薬の管理が必要な方に薬剤師が訪問して薬カレンダーの導入や薬の一包化などを行ったり、歯科衛生士が訪問して口腔ケアの指導を行ったりします。医師による訪問も、居宅療養管理指導となります。

自宅にいながらリハビリできる訪問リハビリテーション

理学療法士と作業療法士、言語聴覚士のいずれかがご利用者のご自宅に訪問し、リハビリを行う介護保険サービスです。病院や診療所、介護老人保健施設がサービスを提供しています。

実際に生活を送っているご自宅で行うため、ご利用者の生活に合わせた実践的なリハビリが実施できます。ご自宅内外での歩行練習や自主トレーニングの指導だけでなく、福祉用具や自助具の提案や、住宅改修の助言なども行っています。

関連記事