介護付きホーム(介護付有料老人ホーム)SOMPOケア そんぽの家 武蔵村山ホームだより

24H看護
スタッフ
認知症ケア 寝たきり 全室個室 お看取り 病態食
対応
短期利用可 夜間たん吸引 リハビリ
強化ホーム
日中看護
スタッフ
ミニキッチン
付き
バス付き
ホームの日常

日常の生活について(入浴)

2019年9月7日

欧米の人に比べて日本人のお風呂好きは有名だと思います。

身体を清潔にするだけでなく、楽しみとしての部分もあります。

もちろん、その方によって好きな方もいればそうでもない方もいます。

入浴に必要な身体の動きの内で、何が出来て何ができないかで入浴の援助は大きく変わります。

要支援1などで「身体を洗うなどはできるが、浴室掃除だけできない」という事であれば、ケアプラン作成時に自立入浴となる事もあります。

もちろん、介護度が上がって全介助での入浴という場合もあります。

そんぽの家 武蔵村山では、お部屋にお風呂がついていますので介助で入れる方はできるだけお部屋で入って頂きます。

入浴を含めて個別ケアとなりますので、「入浴の日」と言ったご入居者様が一斉に入浴する日はありません。

個別ケアのために作られたケアプランに則り、入浴の機会は個別に設けられます。

仮に何かしらの障害があったからといって、お部屋のお風呂に入れない訳ではありません。

介助をつけてゆっくりお部屋のお風呂に入れるように考えていきます。

それでも、様々な理由でお部屋のお風呂では難しい場合は機械浴となります。

機械浴といっても種類がありますが、そんぽの家 武蔵村山ではストレッチャーのまま入浴する形式になります。

少しでも足腰を伸ばして、浴槽に使って体が休められるように考えていきます。

資料のダウンロード

お問い合わせ

お電話から
受付時間 9:00 〜18:00(年末年始を除く)