高齢者向け住まい(老人ホーム等)を選ぶ際のポイント

「高齢者向け住まい(老人ホーム等)の種類や特徴」でご紹介したとおり、高齢者向けの住まいには、さまざまな種類があります。ここでは、高齢者向け住まいを選ぶ際のポイントについて紹介します。

1. 高齢者向け住まい(老人ホーム等)の種類と入居可能な要支援・要介護度

高齢者を対象にした施設や住居というと「老人ホーム」とひとくくりにする方が多いです。ただし、実際は介護保険施設や有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、グループホームなど、さまざまなスタイルが存在します。

高齢者向け住まい(老人ホーム等)の種類と入居可能な要支援・要介護度

有料老人ホーム

有料老人ホームは、主に民間企業や社会福祉法人が運営する住まいです。種類も多岐に渡っていること、また、同じ種類であったとしても提供するサービスは住まいによって変わってきます。

  • 介護付有料老人ホーム(介護付きホーム)
  • 住宅型有料老人ホーム
  • 健康型有料老人ホーム

介護保険施設

介護保険施設とは、介護保険サービスで利用できる公的な施設です。いずれも、要介護認定を受けた方が対象となります。

  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム / 特養)
  • 介護老人保健施設(老健)
  • 介護療養型医療施設(介護医療院)

その他

介護保険施設や有料老人ホームの他にも、高齢者専用の住まいがあります。

  • サービス付き高齢者向け住宅
  • グループホーム
  • 軽費老人ホーム
  • ケアハウス

それぞれの住まいの特徴は、こちらをご覧ください。

関連記事