介護付きホーム(介護付有料老人ホーム)SOMPOケア そんぽの家 清水麻生田ホームだより

24H看護
スタッフ
認知症ケア 寝たきり 全室個室 お看取り 病態食
対応
短期利用可 夜間たん吸引 リハビリ
強化ホーム
日中看護
スタッフ
ミニキッチン
付き
バス付き
ホームの日常

~特別企画⑤~

2020年8月11日

清水麻生田の特別企画。今回は第5回目となります。

90歳 女性のご入居者様の話をお聞きしました。

Q1 戦争中は主にどこで、どんな生活をされていましたか?
A1 水前寺で両親と兄妹合わせて6人で生活してました。なんでも配給の時代だったので、戦争がはじまったころは、父親が農家の知り合いのところに行ったり、闇市に行って食べ物を手に入れてましたよ。戦争が進むと芋が多くなってきましたね。食べ物にはそれほど困っていなかったと思います。

Q2 戦争中に困ったことや大変だったことなどは?
A2 学校には行けず、毎日農家の手伝いをさせられた。自分の意思ではなかったし、とても歯がゆくて、大変で悔しかった。悲しかったことは兄が戦死したことです。

Q3 戦争が終わったときのことは?
A3 ラジオを聞いて、涙が止まらなかった。何のために勉強もせずに農家の手伝いをさせられたのかと思うと悔しかった。でも戦争が終わったことにはホッとした。

Q4 戦争を知らない世代に伝えたいことは?
A4 戦争なんか絶対にするもんじゃない。食の大切さ、勉強できるありがたさに感謝をしてください。

資料のダウンロード

お問い合わせ

お電話から
受付時間 9:00 〜18:00(年末年始を除く)