介護付きホーム(介護付有料老人ホーム)SOMPOケア そんぽの家 武蔵村山ホームだより

24H看護
スタッフ
認知症ケア 寝たきり 全室個室 お看取り 病態食
対応
短期利用可 夜間たん吸引 リハビリ
強化ホーム
日中看護
スタッフ
ミニキッチン
付き
バス付き
ホームの日常

認知症の新しいお薬

2021年2月24日

そんぽの家 武蔵村山は、介護付き有料老人ホームです。

認知症の薬としては、脳の働きを活発にする効果により日常生活への支障を減らすものがあります。

認知症は、何らかの原因で脳細胞が働かなくなり日常生活に支障が出ます。

認知症の多くを占める「アルツハイマー型認知症」は、脳細胞に「アミロイドβ」という物質が蓄積する事で脳細胞が死んでしまうと言われています。

一度死んだ脳細胞を復活させる治療は、今のところありません。

テレビニュースで、「アデュカヌマブ」という新薬の治験について報じていました。

まだ承認までは1年以上かかりそうですが、新しい効き目のお薬の様です。

「アデュカヌマブ」は、どういう理屈かわかりませんが「アミロイドβ」を除去する効果があるそうです。

その為、進行してしまったアルツハイマー型認知症を軽症化する効果は期待できません。

認知症発症前にMCIであればかなり効果があると思われます。

資料のダウンロード

お問い合わせ

お電話から
受付時間 9:00 〜18:00(年末年始を除く)