介護付きホーム(介護付有料老人ホーム)SOMPOケア そんぽの家 武蔵村山ホームだより

24H看護
スタッフ
認知症ケア 寝たきり 全室個室 お看取り 病態食
対応
短期利用可 夜間たん吸引 リハビリ
強化ホーム
日中看護
スタッフ
ミニキッチン
付き
バス付き
ホームの日常

食べる事は生きる事

2021年2月28日

そんぽの家 武蔵村山は、介護付き有料老人ホームです。

一日三回のお食事を提供しています。

高齢者向けに調理されているので、味付けや食材の方さなども調整してあります。

それでも、歯や口腔内の問題で噛むことに問題がある(咀嚼に問題がある)場合や飲み込む時に間違って気道に入ってしまう(誤嚥)事があります。

咀嚼に問題がある場合には食事形態を、常食→一口大食→刻み食→そふと食→ムース食(ミキサーにかけた食材をゼリーで形成したもの)→ピューレ食としていきます。

嚥下に問題がある場合、転がりが良いと誤嚥しやすいのでトロミ剤を使ってトロミをつけます。

身体的・精神的理由で普通量が召し上がれない時には、高カロリードリンクやゼリーなどを利用します。

口から食事をとる事ができない場合、鼻から細いチューブを入れて栄養剤を胃に送り込んだり胃に直接チューブを入れたりする事もあります。

体の中心にある太い血管から注入する事もあります。

普通の点滴からは、ほとんど栄養を注入する事はできません。

食べる事は身体の色々な部分の働きの結果です。

「食べられなくなる=身体が受け付けなくなる」と考えると、そろそろ体が準備を始めているのかもしれません。

資料のダウンロード

お問い合わせ

お電話から
受付時間 9:00 〜18:00(年末年始を除く)