介護付きホーム(介護付有料老人ホーム)SOMPOケア そんぽの家 武蔵村山ホームだより

24H看護
スタッフ
認知症ケア 寝たきり 全室個室 お看取り 病態食
対応
短期利用可 夜間たん吸引 リハビリ
強化ホーム
日中看護
スタッフ
ミニキッチン
付き
バス付き
ホームの日常

認知症は急に悪くなる?

2021年1月20日

そんぽの家 武蔵村山は、介護付き有料老人ホームです。

認知症は記憶障がいを中心とした脳機能障害により、様々な症状を発症します。

認知症と言っても、記憶障がいがほとんどない(年齢相当)場合もあります。

大きく分けて認知症による「中心症状」と何かをきっかけに発症する「周辺症状」があります。

中心症状は少しずつ脳が萎縮する事で症状も徐々に進行します。

周辺症状は何かをきっかけに症状として現れます。

また、記憶を中心とした脳の機能が障害されるために「変化」が苦手です。

例えば、いつも置いてあるものが何かの理由で違うところにあると、本人としては「目の前で消えた」位の違和感になる場合があります。

記憶を中心とした脳の機能は低下しますが、感情は損なわれず残ります。

その為、「何となく自分がおかしい」「何となく不安な感じがする」といった感情を持った状態で生活する事になります。

いままで、何の症状もないのに認知症を疑われる場合に「せん妄」があります。

せん妄は、入院や引っ越しなどで環境が変わった場合に起こりやすく、時間の経過とともに解消されることがあります。

単純な物忘れ(昨日のご飯を思い出せない)は誰にでも起きます。

認知症による記憶障がい(ご飯を食べた事自体が記憶として残ってない)は、脳の障がいによって起こります。

脳内出血などの病気でなければ、認知症自体は急に進行はしません。

入院や引っ越しなどの際は、せん妄に注意が必要です。

資料のダウンロード

お問い合わせ

お電話から
受付時間 9:00 〜18:00(年末年始を除く)