介護付きホーム(介護付有料老人ホーム)SOMPOケア そんぽの家 武蔵村山ホームだより

24H看護
スタッフ
認知症ケア 寝たきり 全室個室 お看取り 病態食
対応
短期利用可 夜間たん吸引 リハビリ
強化ホーム
日中看護
スタッフ
ミニキッチン
付き
バス付き
ホームの日常

緊急事態宣言下でのレクリエーション

2021年1月15日

そんぽの家 武蔵村山は、介護付き有料老人ホームです。

新型コロナウイルス感染症により、新たに緊急事態宣言が発出されました。

今までも、面会自粛などご協力頂いておりましたが今後はさらにご協力を頂かないといけません。

そんな中でも、ご入居者様の生活においてレクリエーションが必要です。

昨年の緊急事態宣言では、すべてのレクリエーションが停止しました。

その結果、活動量の低下とコミュニケーションに減少による運動能力低下と精神活動の低下が起きました。

活動量が低下する事で、食事量低下・筋肉量低下・関節の動きが悪くなるなどの現象が起きました。

コミュニケーションの減少により、認知機能低下・嚥下機能低下・呼吸機能低下が起きました。

「会話」で考えると、お互いの話している内容を聞き取り・整理・理解・話す内容を考えると言った頭の働きがあります。

また、口を動かす・喉を使って声を出す・話をするための呼吸をする・話の内容に合わせた表情を作ると言った体の働きがあります。

その為、「三密」を避けてレクリエーションを継続していきます。

ご入居者様が一斉に食事ができる食堂にて換気を行いつつ、お互いの距離を保って遮蔽板などを使用しつつ実施して参ります。

また、外部講師によるレクリエーションにおいては日頃からの検温・体調管理を実施する事を条件としております。

以前から参加希望の方のみとさせて頂いておりますので、心配な方へのお誘いは遠慮させて頂いております。

外出レクリエーションにつきましては、感染者数の推移を見て実施を検討させて頂いております。

資料のダウンロード

お問い合わせ

お電話から
受付時間 9:00 〜18:00(年末年始を除く)