介護付きホーム(介護付有料老人ホーム)SOMPOケア そんぽの家 武蔵村山ホームだより

24H看護
スタッフ
認知症ケア 寝たきり 全室個室 お看取り 病態食
対応
短期利用可 夜間たん吸引 リハビリ
強化ホーム
日中看護
スタッフ
ミニキッチン
付き
バス付き
ホームの日常

「認知症は高齢者の病気?」

2020年12月25日

そんぽの家 武蔵村山は、介護付き有料老人ホームです。

認知症の割合として一番多いのが「アルツハイマー型認知症」です。

アミロイドβという物質が脳内に蓄積すると発症するという仮説が一番有力ではあります。

ただ、実際の所ではアルツハイマー型認知症の方が無くなった後に解剖して調べるとアミロイドβの蓄積がある事から言われている仮説です。

MRIなどで画像診断をして「萎縮」があるとしても、発症していない方もいれば年相応の「萎縮」でも症状が出ている事もあります。

また、脳梗塞や脳内出血などにより脳細胞が壊れてしまい発症する場合もありますしパーキンソン病に関係する「レビー小体」が蓄積する事で発症する場合もあります。

正常圧水頭症(髄液が溜まって脳を圧迫して機能低下を起こす)など治療する事で症状が消失する事もあります。

また、65歳未満で発症する「若年性認知症」もあります。

認知症とは「生後いったん正常に発達した種々の精神機能が慢性的に減退・消失することで、日常生活・社会生活を営めない状態」をいいます。(厚生労働省HPから)

認知症とは、「病気」ではなく「状態」を指す言葉です。

言い換えれば、原因はいろいろあるけれど上記の症状起きている状態ですので、誰にでも起きる可能性があります。

資料のダウンロード

お問い合わせ

お電話から
受付時間 9:00 〜18:00(年末年始を除く)