介護付きホーム(介護付有料老人ホーム)SOMPOケア そんぽの家 武蔵村山ホームだより

24H看護
スタッフ
認知症ケア 寝たきり 全室個室 お看取り 病態食
対応
短期利用可 夜間たん吸引 リハビリ
強化ホーム
日中看護
スタッフ
ミニキッチン
付き
バス付き
ホームの日常

「認知症の人はうそをつく」?

2020年11月30日

そんぽの家 武蔵村山は、介護付き有料老人ホームです。

認知症により身近な記憶が障がいされると、例えば「5分前に話した事」自体を覚えていることが難しくなります。

それでも自尊心がありますので、何とか話を合わせようとします。

名前とか日付けとか、いろんな工夫をして合わせようとします。

また、症状が進行すると現在の時間が過去の記憶と混ざってしまい「女学生」の頃の記憶で生活している場合もあります。

よく「帰宅願望」で「家に帰りたい」と訴える場合に、自宅に戻っても納得しない場合があります。

そんな時には、「生家=家」という場合があります。

多くの場合、何十年と経過している為にすでに建て替えなどでその頃の面影は残っていません。

でも、ご本人様はありありと昨日の様に記憶がよみがえっています。

また、記憶の流れもあいまいになっている為に飛び飛びの記憶をつなぎ合わせている場合もあります。

認知症は、脳の機能障害で起きる症状を指します。

その為、機能障害の具合によっては見えないものが見えたり聞こえない音が聞こえたりする場合もあります。

ご本人の中では、記憶に基づいた「本当の事」ですので否定すると怒りの感情が生じます。

また、肯定すると間違った記憶と本来の記憶の区別がつかなくなります。

こんな時は、「否定せず、肯定せず」で言われたことをオウム返しで聞いて下さい。

無理に正そうとすると感情的になり、混乱する一方になります。

一時的に、落ち着いたように見えても「何があったか」の記憶は残りませんが「嫌な事があった」感情だけが積み重なります。

良くも悪くも短期記憶が障がいされているので、その場の感情の起伏が落ち着くまで話を聞いて落ち着いたところで話を変えてあげると比較的落ち着きます。

資料のダウンロード

お問い合わせ

お電話から
受付時間 9:00 〜18:00(年末年始を除く)