介護付きホーム(介護付有料老人ホーム)SOMPOケア そんぽの家 武蔵村山ホームだより

24H看護
スタッフ
認知症ケア 寝たきり 全室個室 お看取り 病態食
対応
短期利用可 夜間たん吸引 リハビリ
強化ホーム
日中看護
スタッフ
ミニキッチン
付き
バス付き
ホームの日常

「住宅型有料老人ホーム」等との違い

2020年4月5日

そんぽの家 武蔵村山は、介護付き有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)になります。

一般型特定施設入居者生活介護では、ホームのケアマネージャーがケアプランを作成し、ホームの介護職員が介護サービスを提供します。

対して、外部型特定施設入居者生活介護という区分があります。

ケアプランはホームのケアマネージャーが作成しますが、介護サービスは外部の事業者が提供します。

これに似た形に「住宅型有料老人ホーム」があります。

生活支援として、家事援助が入りますが身体介護は外部の事業者が提供します。

多くの場合、介護度が低い方や要支援の方がお住いですが訪問事業所の介入で介護度の高い方も生活は可能です。

介護保険の使い方は利用した介護サービスを積み重ねて、限度を超えた部分は実費負担となります。

また、健康型有料老人ホームという形もありますが、食事などのサービスはありますが要介護状態になると解約となる事が多いようです。

資料のダウンロード

お問い合わせ

お電話から
受付時間 9:00 〜18:00(年末年始を除く)