介護付きホーム(介護付有料老人ホーム)SOMPOケア そんぽの家 武蔵村山ホームだより

24H看護
スタッフ
認知症ケア 寝たきり 全室個室 お看取り 病態食
対応
短期利用可 夜間たん吸引 リハビリ
強化ホーム
日中看護
スタッフ
ミニキッチン
付き
バス付き
ホームの日常

玄関入り口

2020年3月2日

そんぽの家 武蔵村山では、9時~18時の間は自由にお入り頂けます。

玄関を入ると「風除室」になっています。

入って左側に「重要事項説明書」が掲示してあります。

枚数の関係でかなり小さい文字になっていますので、お読みになりたい方は風除室からもう一枚扉を入り窓口にお越しください。

窓口に閲覧用の重要事項説明書が設置してあります。

一般的に「老人ホーム」のような施設ですと、入り口で靴の履き替えるところが多いです。

そんぽの家 武蔵村山では、そのままお入り頂けます。

イメージとしては、普通のマンション等と同じです。

ご家族様やご友人の方がいらした際は、そのままお部屋までお進みください。

特に「記名帳」などはございません。

宅配便や出前などのそのままお部屋までお届けになります。

お部屋では、靴を脱ぐか脱がないかはご本人がどうしたいかによって異なりますのでご注意ください。

お帰りの際には、一応内扉が施錠されていますので窓口にお声掛け下さい。

認知症による無断外出を防ぐための方策となっています。

一見しただけでは「ご入居者様」か「お客様」なのかわからない事が多いと思いますのでご協力下さい。

18時~翌9時までの夜間帯は、インターフォンでお呼びいただければ開錠致します。

出勤前やお仕事帰りなど、日中帯に来られない場合もお越し頂ければと思います。

お帰りの際も、お越しいただいた時と同じくインターフォンでお呼びください。

夜間帯でお越しの際、職員が確認して開錠しますので少し時間を頂く場合があります事にご協力下さい。

資料のダウンロード

お問い合わせ

お電話から
受付時間 9:00 〜18:00(年末年始を除く)