介護付きホーム(介護付有料老人ホーム)SOMPOケア そんぽの家 清水麻生田ホームだより

24H看護
スタッフ
認知症ケア 寝たきり 全室個室 お看取り 病態食
対応
短期利用可 夜間たん吸引 リハビリ
強化ホーム
日中看護
スタッフ
ホスピス
プラン
ミニキッチン
付き
バス付き
ホームの日常

~特別企画⑧~

2020年8月18日

清水麻生田の特別企画。第8回目となります。

今回は、89歳女性のご入居者様のお話を伺いました。

Q1 戦時中は主にどこで生活をされていましたか?
A1 生まれてしばらくしてから台湾に住んでいたので、戦時中は台湾で生活をしていました。

Q2 戦時中の生活の様子について。
A2 レンガを集めて川の水でお米を炊いたりしました。両親と自分の3人暮らしだった。学校には行けなかったことが辛かった。

Q3 戦時中はどういった食事を摂られていましたか?
A3 主食はかぼちゃのお粥にからいもが多かった。とにかく食べ物がなかったのが一番辛かった。ひもじいと言っても食べ物は配給制だったし、戦争中だから我慢しなさいといつも言われていた。明日は食べ物があるのかといつも不安だった。

Q4 戦争が終わったときのことは?
A4 終戦前に日本の親戚の家にいたので、そこで玉音放送を聞いた。とにかく食べ物がなくてひもじい思いをずっとしていたので、戦争が終わったこと、終わらせてくれた天皇のことを神様だと思った。明日から少しでも食べるものが良くなってくれたらと思った。

Q5 戦争を知らない世代に伝えたいことは?
A5 勉強ができることはありがたい。お金の問題や戦争中で自分は学校に行かせてもらえなかった。今の環境は恵まれている。勉強を頑張りなさい。

資料のダウンロード

※ウェブページとPDF資料で、一部費用に差異が発生する場合がございます。詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ

お電話から
受付時間 9:00 〜18:00(年末年始を除く)