在宅老人ホーム

日本の介護を変える
このサービスを知っていますか?

毎日の介護やお食事、医療の安心、
そして日常のあれこれ。
老人ホームと同様の、24時間365日のパッケージサービスを
皆さまのご自宅へお届けします。
ご利用料金は、安心の「定額」料金。
自宅で、住み続けたい。
誰もが持つ願いをSOMPOケアが叶えます。

※在宅老人ホームは、東京都23区内でご提供しているサービスです。

サービス概要

24時間365日!老人ホーム同等のフルパッケージサービスをご自宅に!

老人ホームの提供サービスとの違い

老人ホームとの違いは、移動距離(時間)のみ!

サービス提供エリア

新宿区、世田谷区、杉並区、葛飾区、大田区、台東区、墨田区(2017年11月末日現在)

サービスご利用の事例

当サービスを実際にご利用されたご利用者さまの一例をご紹介。
幅広いお悩みが解消され、「自宅での暮らし」が実現されています。

事例 要介護度 世帯状況 疾患・症状
主な介護者である家族の入院により、施設入所を検討したが、本サービスを利用し、1日6回の排せつ介助などにより自宅生活が継続できているケース。 要介護2 高齢夫婦 肺炎、神経痛
糖尿病による生活上の不安も、毎日の食事の管理や24時間の緊急対応など、トータルケアによりご自宅暮らしを継続されているケース。 要介護2 独居 糖尿病
室温調整や食事準備が困難になり、独居での生活が難しくなっていたが、毎日の食事提供と安否確認によりご自宅暮らしを継続されているケース。 要介護2 独居 認知症
主な介護者である家族の入院により、施設入所を検討したが、本サービスを利用し、1日6回の排せつ介助などにより自宅生活が継続できているケース。 要介護2 子と同居 膀胱がん
精神疾患があるが、1日4回の服薬確認など、定期訪問での生活の安定により、おひとりでも自宅生活を継続されているケース。 要介護4 独居 統合失調症、認知症
施設から自宅への復帰が叶ったケース。夫婦で食事提供サービスを利用するなど、同居家族の負担軽減へもアプローチしているケース。 要介護4 高齢夫婦 高次脳機能障害
生活保護費受給の方。医療行為の補助(インスリン)や食事提供、トイレ誘導など1日9回の訪問により、自宅暮らしを継続されているケース。 要介護5 独居 パーキンソン病・糖尿病
進行性の難病への対応。訪問頻度の増加も定額サービスへの移行で自己負担の軽減につながったケース。 要介護5 独居 パーキンソン病

よくあるご質問

夜間も介護してもらえるのですか?
はい、夜間も計画に沿った定期的な訪問介護だけではなく、もしもの緊急時にも対応致します。
食事はどのようなメニューがありますか?
やわらか食・減塩食・透析食など、老人ホーム同様に、その方の状況に応じた食事提供が可能です。
持病があり、自宅に一人だと、常に不安で…
ご自宅に緊急通報装置を設置します。24時間365日対応しますのでご安心ください。
サービス利用料は定額ですか?
はい、定額です。ただし、お食事の提供内容と訪問看護の必要状況により、提示している目安より若干前後します。
また、在宅医療をご利用された場合については、医療機関への支払いとして別途費用が発生します。
訪問してくれるスタッフはどのような方ですか?
介護と生活全般のサポートには、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)以上の資格をもった介護の専門家が、看護が必要な方には看護師が伺います。食事については、食事の専門担当者が計画作成から提供までをお手伝いします。これら、介護・生活支援・食事サービス全般については、ケアマネジャーの資格をもつ担当者がLSA(ライフサポートアドバイザー)として、お一人おひとりに最適なサービス提供プランを作成し、サービス全体を管理させていただきます。
お問い合わせは
介護なんでも相談室へ
受付時間 9:00〜18:00(年末年始を除く)