サービス付き高齢者向け住宅SOMPOケア そんぽの家Sいずみ中央ホームだより

認知症ケア 寝たきり 全室個室 お看取り 病態食対応 バス・ミニキッチン付き
ホームの日常

入居者様のご紹介!

2021年5月22日

みなさんこんにちは。
●本日はホームにお住まいになられて4年目のS様をご紹介します!

お住まいの方の日常を、ひとりでも多くホーム便りにてご紹介したく取材交渉をすると、
こころよくお受けいただけました。さてS様、駐車場でたまにバイク姿をお見かけするので、
お持ちのバイクについてお尋ねしてみました。

その前に、バイクといえば最近大型二輪の免許を取った職員の東山の趣味が
同じバイクなので、せっかくなのでお二人の愛車で記念撮影!
まさにコラボレーションという名にふさわしい一枚ですね!!(?)

●さてさてS様のお話に戻りますが、こちらの愛車「HONDA Dio 110」という
110㏄の機種だそうで、週に3回ほど通勤や買い物、ボランティア活動などの
交通手段として使用されているそうです。

大型二輪の免許もお持ちなので、もっと大きなバイクも乗れるそうですが、
今の愛車がちょうどよいサイズで乗りやすいそう。走っていると車と違って
風を感じたり、散策へ行った際もすぐにバイクを停めて景色を撮影できたりと、
小回りが利くバイクならではの良さがあるようです。

西村も自動車免許の講習の際に授業の一環として50㏄のスクーターに
乗ったことを思い出しました。(バイクならでは楽しさがあり、
ついスピードを出しすぎて教官に怒られたな~・・。)

●そんなS様、日課は週に2回の早朝ランニング!なんと9年前から変わらず
続けられているそうです。始めたばかりのころは、300mほど歩くのがやっと
だったそうですが、歩行からランニングへ、徐々に距離も伸びて、今では往復5㎞!

「目標をたてて実践して・・最初は歩くぐらいしかできなかったのに今のほうが
走れるわけだから、年齢は関係ないと感じたね~。」とS様。
足腰身体の健康維持のためにと毎日のストレッチや筋力トレーニングも欠かさないそうです。

早朝でも同じようにランニングされている人がいるそうですが、
追い越されたりすると闘志がわいて追い越したくなるそうです^^;
・・・。副長になってからというもの、館内を1日1㎞も歩かなくなり、
37歳になって20代と違ってすっかり闘争心のかけらも湧かなくなった
西村も見習いたい限りです。いや本当にスゴイ。

●最近のお悩みは、退職後の時間の使い方だそう。今年が古稀のため、
お仕事を定年退職されるそうで一つの節目になるご様子です。
特殊なお仕事に在職中であったり、土地関係の資格をお持ちになっているなどなど、
良い意味で、まだまだ謎の多いS様!写真や機械にもお強いイメージがあります。

~取材後記~

今回、ご好意でこころよく取材にご協力くださったS様。私がいずみ中央のホームへ異動に
なって、はじめましてのご挨拶をさせていただいてから今日まで、いつも変わらぬ笑顔で
接してくださる方。

初めてしっかりとお話しさせていただいたのは、当時あいにく体調を崩されご様子を
うかがいにお部屋へ訪問させていただいた時だったのをよく覚えています。
また、館内でお会いするときはちょっとしたジョークでいつも笑かしてくださったり、
時にはホームのためにご意見をくださったりとお父さんのような心強い存在であります。

私にとっては、良い意味で厳しくもあり、優しくもあり、
緊張感もあり、私はS様とのそんなこの距離感を心地よく感じております。
取材を通して新しい一面も知ることができて、楽しいひとときでした。

「ここに入居するときに、一時金や敷金などの初期費用が
かからないところが良かったです。」

「食堂で食事も注文できる点もとても便利でした。」
とご入居を検討されている方にメッセージをいただきました。

お住まいの方、ホームへのご入居を検討されている方にとって、
少しでもホームの雰囲気が伝われば幸いです。

それではまた~。

そんぽの家いずみ中央 西村

資料のダウンロード

お問い合わせ

お電話から
受付時間 9:00 〜18:00(年末年始を除く)