介護付きホーム(介護付有料老人ホーム)SOMPOケア ラヴィーレ駒沢公園ホームだより

24H看護
スタッフ
認知症ケア 寝たきり 全室個室 お看取り 病態食
対応
短期利用可 夜間たん吸引 リハビリ
強化ホーム
ミニキッチン
付き
日中看護
スタッフ
バス・ミニ
キッチン付き
ホームの日常

スタッフが実施する虐待防止研修~

2022年1月11日

こんにちは
ホーム長 深瀬 です。

年が明けて、雪も降り、季節が過ぎていきます。
翌日の朝に雪かきをしたのですが、
もうすでに、凍ってしまって、カチカチで・・・。
1時間半かけて、玄関前しかできませんでした・・・。
もう、お湯をかけてしまおうと。
かけたところは、かえって凍ってしまうという。
ご近所の皆様には大変ご迷惑をおかけしてしまいました。
申し訳ございません。

さて、本日は、新卒の高田さんが虐待研修を実施してくれた様子です。

虐待についてですが、
ラヴィーレ駒沢公園で取り組んでいるユマニチュードとは、
全く逆の発想でおこってしまうものになります。

つまりは、会社で掲げている人間尊重が重要になります。

例えば、『ちょっと待っててください』と言うのも
スピーチロックと言って拘束になってしまいます。
これも、尊敬する方には、絶対言わないことです。
たとえば、尊敬する学校の先生に、そこでちょっと待っててください とは言わないですよね。

だから、虐待は、尊重する気持ちが欠けておこる可能性が高いんです。

そして、もう一つの要因としては、
介護スタッフのストレス度です。
これは、忙しい環境で、ご入居者様のイレギュラーな対応が起こった時など
自分のできる範囲以上のことを求められると、
感情的になってしまうことがあります。

これは、スタッフ同士の支え合いです。
それと、ご入居者様の安全を気を張って守ろうとすると、
限界が来てしまいます。

そのためには、福祉用具の活用や、
転倒のリスクはあるけれど、ご自身で自由に歩かれてしまうことを尊重すること。
そのような考え方をしていかなくてはならないと考えます。

スタッフに、「転倒しないように気をつけて!」と、
安易に言ってしまうことが、
実は虐待を引き起こす芽になるということがあります。

これからも、ご入居者様を尊重して、
ホームにいるみんながいきいきするホームを目指していきます。

髙田さんも、ラヴィーレ駒沢公園に来て、
はじめて皆の前で発表をしてくれました。
新人で新しいことばかりの環境で、一番大変な時だと思います。
みんなでフォローしていくことが大事ですね。

SOMPOケア株式会社
有料老人ホーム 
ラヴィーレ駒沢公園 
ホーム長 深瀬

お問い合わせ

お電話から
受付時間 9:00 〜18:00(年末年始を除く)