介護付きホーム(介護付有料老人ホーム)SOMPOケア そんぽの家 武蔵村山ホームだより

24H看護
スタッフ
認知症ケア 寝たきり 全室個室 お看取り 病態食
対応
短期利用可 夜間たん吸引 リハビリ
強化ホーム
日中看護
スタッフ
ミニキッチン
付き
バス付き
ホームの日常

認知症による帰宅願望

2020年8月29日

そんぽの家 武蔵村山では、認知症と診断された方もご入居されています。

加齢に伴って、記憶力などの認知機能は多かれ少なかれ皆さん低下します。

世間で言われる認知症の困りごとの多くは、ご本人の不安からくる行動が理解できないために起こります。

例えば、家から出て行ってしまうのも最近の記憶が阻害され、昔の記憶で行動するからです。

その為、行動理由を伺うと「仕事に行かないと」とか「家族のご飯を作らないと」といった過去に行ってきたことを目的にされていることが多いのです。

記憶があいまいになり、自分の存在が揺らぎ、不安となり「〇〇しなきゃ」となります。

いくら現実の状況を説明しても不安が解消される訳ではありません。

以前、「家に帰ってご飯の準備をする」と言って興奮されている方と、「じゃあ一緒に帰りましょう」と一緒に歩いたこともあります。

実際には、お子様も独立されて引き払っているので帰る家はないのですが、ご自身には今朝出てきた家なのです。

一般的に認知症状がある方は驚くほど歩く事が知られています。

それでも色々な話をしながら歩いていると、不安が解消するのか疲れを見せたりお腹が減ったりと言った声が聞かれるのでお茶するなどして帰ってきます。

多くの場合、バリバリ働いていた時や子育てで大変だった時に戻られる事が多いです。

まれに、女学生に戻る方もいらして色々な話を聞く事ができます。

頭の中のどの辺が障害されるかによって、現れる症状は異なります。

現れる症状を理解しての対応が大切だと考えています。

資料のダウンロード

お問い合わせ

お電話から
受付時間 9:00 〜18:00(年末年始を除く)