介護付きホーム(介護付有料老人ホーム)SOMPOケア そんぽの家 戸塚南ホームだより

24H看護
スタッフ
認知症ケア 寝たきり 全室個室 お看取り 病態食
対応
短期利用可 夜間たん吸引 リハビリ
強化ホーム
日中看護
スタッフ
ホスピス
プラン
ミニキッチン
付き
バス付き
ホームの日常

冬至

2023年12月12日

お世話になっております。
先日ご利用者様からご自宅でなっている柚子を頂きました。
『もうじき冬至だからお風呂に浮かべてはいってね。』との事。
考えてみれば、冬至のこと余りわかってないなぁ・・・。と思い調べてみました。


冬至とは、北半球において日の出から日の入りまでの時間がもっとも短い(=夜が長い)日のことです。
冬至がいつかは天文学的に決まり、毎年、12月21日か22日です。
南半球では同じ日が、もっとも昼の時間が長い日になります。
なぜ夜が長くなるのでしょう?
ひとことで言うと、「地球の回転軸が傾いているから」です。

なるほど!!!
今年は12月22日(金)が冬至との事。

冬至の風習が柚子湯(ゆずゆ)。この習慣は江戸時代からあったようです。
1838(天保9)年に刊行された、江戸の年中行事を紹介する「東都歳事記(とうとさいじき)」によると、「冬至 今日銭湯風呂屋にて柚湯を焚く」との記述があります。
「冬至」を「湯治」にかけ、「柚子」を「融通が利く」(=体が丈夫)にかけて、お風呂屋さんが始めたとされています。江戸っ子ならではのしゃれたイベントですね。

冬至の食べ物といえばかぼちゃ。
ところで、なぜ冬至にはかぼちゃなのでしょう?
かぼちゃの原産地は中南米。もともと暑い国の野菜なので、かぼちゃは夏から秋に収穫されます。ただ、カットさえしなければ、風通しのいい涼しい場所で2~3カ月保存することが可能です。
かぼちゃは、体内でビタミンAに変わるカロテンや、ビタミンB1、B2、C、E、食物繊維をたっぷり含んだ緑黄色野菜。新鮮な野菜が少なくなる時期、これからの冬を乗り切るためにも、冬至という節目の日にかぼちゃを味わって栄養をつけよう…という先人の知恵なのです。
ただ、江戸時代の文献には「冬至にかぼちゃ」という内容の記述はなく、明治以降に生まれた比較的新しい習慣と考えられています。

冬至にかぼちゃを食べるのは調べてて知りました。

週間天気予報だと冬至辺りは大分冷え込みがきつくなり、冬の寒さが進みそうなので、暖かいお湯で柚子湯に浸かり季節を感じるのもいいですね!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~介護付き有料老人ホーム SOMPOケア そんぽの家戸塚南~
       感染症予防対策をしっかり行い  
       ”いつでもご見学いただけます!”
    資料請求・ご見学は随時受け付けております。
    ご質問・ご相談はお気軽にご連絡ください。
       フリーコール:0120-37-1865

資料のダウンロード

お問い合わせ

お電話から
受付時間 9:00 〜18:00(年末年始を除く)