SOMPOケアグループ経営基本方針

経営理念

SOMPOケアグループは、多くの高齢者の方やそのご家族および全従業員に対して「人間尊重」を経営の基本とし、安心・安全・健康に資する最高品質の介護サービスのご提供ならびに働き甲斐と働きやすい職場の提供を行い、「世界に誇れる豊かな長寿国日本」の実現に貢献します。

上に戻る

ビジョン

「世界に誇れる豊かな長寿国日本の実現」に向け、『高齢者の尊厳を確保した、より安心・安全な介護サービス、介護予防サービス』を提供できる持続可能な事業モデルを構築します。

上に戻る

行動指針

私たちは自らの仕事に誇りを持ち、たゆまぬ自己研鑽を通して成長し続けます。

  • 私たちは、ご利用者さまの「できること」に着目して自立を支援し、カスタムメイドケアを通してQOLの向上を目指します。
  • 私たちは、「おいしく食べる」を追求し、「元気を生む」を支援します。
  • 私たちは、「ありがとう」の思いを大切に、職場の仲間とチームワークを築き、信頼で結ばれた関係づくりに努めます。
  • 私たちは、地域とのかかわりを深め、ご利用者さまの地域での暮らしを支えると共に、社会づくりの一翼を担います。
  • 私たちは、法令と社内ルールを守り、誠実さをもってご利用者さま・ご家族さま・社会と信頼を築きます。
上に戻る

事業運営指針

  • 1.活力ある職場環境の実現と多職種連携

    SOMPOケアグループは、介護のリーディングカンパニーとして、誇りと自覚をもって、職場環境の改善と介護職員の処遇改善を実現します。また、ご本人、ご家族、地域、そして多職種によるチームワークとコミュニケーションを重視し、 それぞれが互いに連携できるよう組織の活性化を積極的に図り、自由闊達・オープンで活力溢れる風土を実現し、魅力ある介護事業の構築を目指します。

  • 2.地域との連携(施設⇔在宅介護サービスの展開)

    SOMPOケアグループは、高齢者やそのご家族の多様なニーズに応えるため、施設介護サービスや在宅介護サービス等のフルラインナップの介護サービスを提供します。また、地域の一員として、医療、看護等との地域と連携した介護サービスにも積極的に取組むことにより、超高齢社会を迎えた日本が抱える様々な課題に対するソリューションの提供を実現します。

  • 3.事業効率の追求

    SOMPOケアグループは、SOMPOホールディングスグループの総合力を活かし、最先端のICT・デジタル技術を導入することにより、業界トップレベルのサービス品質と生産性の実現を目指します。

  • 4.透明性の高いガバナンス態勢の構築

    SOMPOケアグループは、介護事業会社の社会的責任と公共的使命を認識し、透明性の高いガバナンス態勢を構築します。また、内部管理態勢を強化することで、リスク管理および再発防止策の徹底も図るとともに、適時適切な情報開示を行っていきます。

  • 5.持続的な成長による企業価値の拡大

    SOMPOケアグループは、各介護事業会社の事業計画の達成を前提として、業界平均を上回る安定した収益基盤の構築に向け、積極的に経営資源を投入することにより、持続的成長を実現し、企業価値の拡大を目指します。 

上に戻る
お問い合わせは
介護なんでも相談室へ
受付時間 9:00〜18:00(年末年始を除く)